東大式エゴグラム

交流分析理論に基づいて東京大学医学部心療内科TEG研究会が開発した“性格検査”です。5つの自我状態のバランスから、“性格特性と行動パターン”を把握します。

自分の性格特性や行動パターンに気づき、自己理解を深めるきっかけとして利用できます。

信頼性・妥当性が検証され、大規模な標本で標準化されています。

エゴグラム

エゴグラムはアメリカの精神科医エリック・バーンが創始した“交流分析理論”に基づいて、ジョン・M・デュセイが考案したもので、5つの自我状態のエネルギー量を棒グラフで表し、性格特性と行動パターンをみるものです。

検査内容

  • 質問項目
    53問「はい」「いいえ」「どちらでもない」で回答します。
  • 所要時間
    回答 10分程度
  • 適用年齢
    16歳以上

ご関心のある方、費用について知りたい方。
お気軽に当院へお問い合わせ下さい。